BLOGブログ

みんなに教えたくなる心理学4選[面白すぎる]

みんなに教えたくなる心理学4選[面白すぎる]

こんにちは、こうきです。

心理学研究所を運営して約1ヶ月が立ちました

心理学研究所がお送りする、面白すぎる心理学を4つ紹介したいと思います。

紹介する5つは僕も普段自慢げに友達に話したり、対人関係で使っている技です。

みんなに教えたくなる心理学4選

1、恋愛は好きの気持ちが大きい人の方が負ける

恋愛は好きな気持ちが大きい確実に立場が弱くなる。このことを恋愛心理学では「最小関心の法則」という。

相手に関心を持っていない方が有利という法則だ。みんなにも経験はないだろうか?

好きな人には全然モテなくて、あまり話したことのない人や友達と思っていた人から告白されたりすることが。(僕もそうだ)

もっとわかりやすいリアルな例を出すと、ホストやキャバクラの世界が「最小関心の法則」を無意識に使われている。

ホストやキャバクラに通う人たちは相手の言いなりになる人が多い。お願いされれば高額なシャンパンを開け、高級バックや時計をプレゼントする。なぜ彼ら彼女らはそんなことをするのか?それは恋をしてしまったからだ。

逆にホストやキャバ嬢はその人たちには恋はしない。お客様だと思っているからだ。気持ちの大きさに温度差がある。これぞまさに「最小関心の法則」である。(決まった)

イリノイ州立大学のスーザンはカップルと既婚者を数年間に渡って調査した結果
相手のことをあまり好きではない人の方が相手に対して強いコントロールを出来ることを明らかにした。

このことから、恋愛は相手より好きな気持ちが大きい方が不利だと分かる。

ですが、スーザンは最後に注意点を言った。

「片方だけが相手に尽くしてばかりだと早く別れやすい」

もし、自分だけ恋愛で盛り上がっていると感じたら気を付ける必要がある。(僕は気を付けられずに死んだ)

2、辛いものが好きな女性ほど、オスっぽい

フランスにあるグルノーブル・アルプ大学のローレントは人の性格は好きな食べ物に反映されると考えた。

そこでローレントはある実験を行った。

参加者を集め、マッシュポテトを食べさせた。

ただ食べてもらうのではなく食べてもらうとき、マッシュポテトの横にタバスコと塩を置き、好きなだけかけてもらうように指示をした。

食べてもらった後に参加者のだ液から男性ホルモン値を測定した。

すると、男性ホルモン値の高い人ほどタバスコをたくさん振りかけていたことがわかった。

一方、塩を使って食べた人と男性ホルモン値は無関係だった。

このことから、辛いものが好きな人は、オスっぽい性格ということがわかった。女性で韓国料理などの辛い食べ物が好きな人はオスっぽい説がある。(元カノ)

オスっぽい人の特徴

競争的

自己主張が激しい(口にしない場合もあるので注意)

喧嘩したとき攻撃的(歴代彼女を思い出す)

損得感情で物事を見る

恐ろしい特性ばかり書いてしまったが捉え方次第で変わる。(maybe)

競争意識があると何事も負けたくないから努力して頑張ることができる人と捉えられます。

自己主張が強いと自分の考えを相手に通せるので多くのものを手に入れやすいです。

オスっぽい女性は見方を変えれば、仕事ができて気の強い魅了的な女性と捉えられる。僕の歴代の彼女も皆気が強いいい女性だった。(怒らせたときは鬼怖い)

大人しめで控えめな人が好きな人は、相手に「辛い食べ物は好きですか?」

と聞いて相手を見極めることも一つの戦法だ。

3、友達で自分の性格が変わる

僕たちは付き合う友達によって影響を大きく受けます。これを良く捉えると、僕たちは一緒に付き合う人によって自分を変えることができる。

オシャレになりたいならオシャレな友達を探す

優しくなりたいならとびきり優しい友達を探す

モテたいならモテている友達を探す

メリーランド大学のキャサリンは小学校6年生にクラス名簿を渡し、「あなたの親友を3人までマルをつけて」とお願いしました。

また、クラスの担任の先生にもお願いをし、マルをつけられた生徒がどのくらい親切な子供なのか判断してもらいました。

それから2年後、中学2年生になったときに同じ子供たちに再調査をしてみると、親切な友達がいる子供は、2年後にはその子自身も親切な優しい子になっていました。

このことから、人は付き合う人によって大きく性格が変わることがわかります。

もし、今の自分がいやで変わりたいなら自分がなりたい人、尊敬している人と友達になることをお勧めする。

4、食べた量がわからないと人は食べすぎる

とあるスポーツバーで行った実験を紹介したい。

コーネル大学のブライアンはスポーツバーで、試合当日に2つの部屋を用意してある実験を行いました。どちらの部屋のお客さんにも試合観戦しながら自由にチキンを食べてもらいました。

ですが、片方の部屋には新しいチキンを食べるときは食べ終わったチキンの骨を片付けてからとお願いしました。(どれだけ食べたか分かりづらい状況です

もう片方の部屋の人たちには新しいチキンを食べるときは食べ終わったチキンの骨を左側にあるプレートに積み上げるようお願いしました。(どれだけ食べたか分かりやすい状況です

試合観戦が終わった後に部屋ごとにどれくらいのチキンが食べられたのか測定しました。結果がこちらです。↓

食べた量分かりやすい部屋分かりづらい部屋
グラム192.0グラム244.2グラム
本数5,5本7本

チキンをどのくらい食べたか分かりづらい部屋の方がそうでない部屋に比べて27.3%も食べる量が多かったのです。

逆に食べる量が目に見える形で分かっていれば、人はそんなに食べないことがわかります。「もう食べるのやめよう」と脳に抑制が働くのです。

食べ過ぎを抑えたい人は自分がどのくらい食べたのか意識したりメモしたりすることのよって抑えることができます。

最後に

最後まで読んでくれてありがとうございます。

どうでしたか?僕が紹介した心理学は?(褒めて欲しい)

僕の心理学研究所は心理学を使ってあなたの悩みを解決するのが目標です。

恋愛から友人関係、仕事関係など幅広く相談に乗っています。

相談のある方はお問い合わせからメールお待ちしています。

この記事を見たとお問い合わせに書いて人は1000円引きします!

ではまた!アディオス

SHARE!

BLOG TOP